”ブースター効果がすごい” 肌保湿のためのバージンココナッツオイル 

海外文献

バージンココナッツオイル(VCO)は、フェノール含有量、抗酸化活性が豊富で、中鎖トリグリセリド(MCT)を含む最高品質のココナッツオイルです。

この研究では、マレーシア、パキスタンの研究機関が連携して、VCO-固体脂質粒子(VCO-SLP)の特性評価と浸透能力について調べました。(VCO-SLPは、水溶液中の溶融ステアリン酸とVCOの超音波化を用いて調製されています。)

そして電子顕微鏡イメージングにより、VCO-SLPが固体で球形であることが明らかになりました。

超音波はいくつかの電力強度で行われましたが、その結果、VCO-SLPの粒子サイズは0.608 ± 0.002 µmから44.265 ± 1.870 µmの範囲でした。

粒子サイズは、超音波の印加電力強度に比例したと分かっています。また、粒子のゼータ電位値は-43.2±0.28mVから-47.5±0.42mVで、良好な安定性を示しました。最小サイズのVCO-SLP(0.608µm)の累積透過は3.83±0.01µg/cm2でしたが、より大きなキャリアでは減少することが分かりました(3.59±0.02µg/cm2)。

この研究の結果、SLPは、VCOの皮膚送達を改善するためのマイクロ/ナノスケールの化粧品運搬車両として利用される可能性があると結論付けられています。

この記事は、海外文献を基に執筆しています。
引用:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8676212/

About Virgin Coconut Oil

ドクターズオイルは、

品質にとことんこだわった
希少なバージンココナツオイルです。

商品画像

“ココナッツオイル“と一言で言っても、安価で低品質なもので、様々な効果を期待することは難しいでしょう。

料理油として作られたココナッツオイルと、自然医療目的で作られたココナッツオイルとでは使用するココナッツの品種も抽出方法も違う為、別物なのです。

国連APCC認定VCO

原料
料理用 ココナッツオイル

遺伝子組み換えされたココヤシの果実を使用

医療用 ココナッツオイル

原生種ヤシからなるココヤシの果実を使用

収穫時期
まだ脂肪酸が整っていない受粉後9ヶ月前後に収穫
優秀な脂肪酸が豊富に揃う受粉後12ヶ月に収穫※受粉後12ヶ月が国連APCCの条件
ドクターズオイルでは
さらに自然に乾燥する14ヶ月目まで
じっくり待って丁寧に抽出!
抽出方法
遠心分離 or 低温圧搾短時間での抽出
常温自然発酵分離法非加熱でココナッツの中に生息する発酵菌で48時間かけて抽出
栄養価
低い
高い
イメージ
料理用 ココナッツオイル画像 料理用 ココナッツオイル画像
医療用 ココナッツオイル画像 医療用 ココナッツオイル画像

ドクターズオイルは、

自然医療を目的に作られた
バージンココナッツオイル(VCO)を100%使用しています

ココナッツの持つ素晴らしい効果効能を本当に期待する方は、どのように作られたものなのかをしっかり見極めることが重要です。

低品質のココナッツオイルで自然医療レベルの使い方をしてしまう事が、一概にココナッツオイルが危険だという誤解を招いてしまっています。

副作用のリスクや、危険性に細心の注意を払って作られたものが自然医療レベルのココナッツオイルなのです。

個体脂質粒子(SLP)とはVCO(バージンココナッツオイル)に天然で備わっている特性

この個体脂質粒子(SLP)とは、医学の世界では、「DDS(ドラッグデリバリーシステム)」と言われ、幹細胞や再生医療では必須とも言われている機能です。

要約すると、幹細胞のように何にでもなれる細胞は、その人の身体の足りていない所へ運ばれて満たしてくれる細胞です。

満たされた所へ必要以上に行って、溢れかえったものが副作用です。
DDSは必要最低限のものを必要な時間・必要な場所に届けることを目指しています。
それは限りなく副作用の心配がないということです。

現在の最先端の医療技術をVCOは天然で兼ね備えていたという事が確認されたエビデンスです。

皆様におすすめする使い方は「ブースターオイル・導入オイル」として

普段からお使いの美容液、お気に入りの化粧品や日焼け止めクリームなどと一緒に併用することで、

あなたのお肌が求めている成分を正しくブーストしてくれることが期待できます。

さらに、VCOには抗菌、抗ウイルス効果と、皮膚再生や皮膚保護、抗炎症作用などの免疫を助けるような効果も確認されています。

例えば、日焼けを防ぐために、市販の日焼け止めクリームを使ったとしましょう。

日焼けは防ぐことができたかも知れませんが、実は、化学物質が含まれた市販の日焼け止めクリームは人体の正常な細菌を破壊し、皮膚の細胞に変性を起こし傷つけています。

これが、化学物質の副作用の一面です。特に敏感肌の方は顕著に感じるのではないでしょうか。

基本的に、化学物質は使わない方が良いですが、日焼け止めや早急に改善を迫られている時など、どうしようもなく化学物質の即効性を利用するタイミングは多々あると思います。

そんな時に、天然のVCO(バージンココナッツオイル)を一緒に塗ることで、化学物質の持つ皮膚を傷つけてしまうような副作用をVCO(バージンココナッツオイル)がバリアになってくれると理想的ではないですか?

是非そのような使い方もできる本物のVCO(バージンココナッツオイル)を一家に一つ置いてみませんか。

ドクターズオイルは、世界最高品質のバージンココナッツオイルを採用しています。

インドネシアでNo.1大学である「ガジャマダ大学」と連携して常に最高の材料で最高の製法を追求し製品を開発しています。

最高の材料:原生種ヤシの木からなる受粉後12ヶ月のココヤシの果実を使用

最高の製法:加水分解を行い、常温で自然的に発酵分離で抽出

この工程を経て作られたVCO(バージンココナッツオイル)は国連APCC(アジア環太平洋ココナッツ協会)に於いて最高品質であるVCO(バージンココナッツオイル)に認定されています。

Doctors Oil Brand Plicy

私たちドクターズオイルは、

一家に一つ置いておきたい。
家族にとっての「かかりつけ医」のような
存在になれば。

という思いで名付けました。

そんな理想を追求する中でドクターズオイルが選んだのは、バージンココナッツオイルでした。

私たちのバージンココナッツオイル(VCO)は自然医療を目的にインドネシア農業省、ガジャマダ大学と連携して常に最高の材料で最高の製法を追求し製品を開発してきました。

  • 最高の材料the best ingredient

    原生種トールココナッツ(樹齢80年〜125年)受粉後14ヶ月のOn the treeココヤシの果実を使用。

    最高の材料
  • 最高の製法the best method

    10日かけじっくり常温で自然的に発酵分離で抽出。最高の材料の最高の成分を無傷で取り出す事に集中。

    最高の製法

この工程を経て作られたバージンココナッツオイル(VCO)は国連ICC(国際ココナッツ協会)に最高品質であるVCOの認証を受けています。

是非、私達チームが20年以上自然医療にこだわり続けて誕生した現段階の最高傑作を感じてみて下さい。

ドクターホワイト株式会社の活動意義

自然医療を根本に。
インドネシアと日本の繋がり。
そしてそれは世界に通用します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP